Love Italy News

2010年11月04日

イタリア人、ワインへの愛情が失われている

イタリア人は昔ほどワインを愛していない。Fedagriのレポートによると、イタリア国内のワインの消費量が20億リットルに満たないほどまで落ち込んでおり、一人あたり40リットルを割り込むのは初めてのことである。80年代末から今日までは実に30%もワインの消費量が減った。

一方、1999年から2008年の間に、ワインの輸出は24億ユーロから36億ユーロ(約4100億円)にまで50%も増加している。経済不況のあおりを受けた2009年は35億ユーロを下回ったが(2008年に比べ2.2%減少)、2010年の7ヶ月間は前年度の同時期より7.6%増加している。

驚くことに、南イタリアのワインの輸出量が大きく伸びており、イタリア全土の増加量8.1%に対して9.1%となっている。特にプーリア州(+22.1%)、カンパニア州(+25.1%)、バジリカータ州(+24.4%)が目立つ。この増加はプロモーションへの投資が甲を制した結果と思われ、プーリア州の場合、100万ユーロ(114億円)を販売促進に充てたが、その結果EU外諸国への輸出が44%も増加したのだ。

【2010年11月4日 イタリア在住:堂 剛 ブログ:blog.belgiappone.com


タグ:イタリア
posted by 堂 剛 at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食、料理に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

セックスの欲望、3人に1人のイタリア人女性が減退

3人に1人のイタリア人女性が性欲が極端に減ったという驚くべき数字がパヴィア大学の調査で明らかにされた。この減退について大学は、エドルフィン(脳内麻薬)や満足感や痛みを感じる細胞レベルに関係しているという。この調査は18才から45才の健康な女性を対象に行われ、少なくとも性欲について問題ないと考えている人たちが参加していた。

オーガズム、4人に1人のイタリア人女性が経験なし
さらに25%の女性がオーガズムを感じるのが困難であり、27%が性交渉を苦痛に感じていると答えた。

【2010年10月29日 イタリア在住:堂 剛 ブログ:blog.belgiappone.com
タグ:イタリア
posted by 堂 剛 at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 性と恋愛に関する記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

ナポリ、ナイフでリバプールのファンを追い払う

昨夜、15人のイギリス人旅行者がナポリ中心街のレストランで食事をしていたところ、石を投げつけられる事件が起こった。本日(10月21日)19時にナポリのサンパオロ競技場でヨーロッパリーグのリバプール戦が行われるが、イギリス人旅行者はリバプールの熱狂ファン(ティフォーズィ)と間違えられ、レストランの外から若いナポリ人グループに石や空き瓶を投げつけられたのだ。

他にもリバプールファンとの衝突が2件発生している。昨夜1時頃、ウンベルト通りで十数名の警棒やナイフをもった若者が2人のリバプール出身者(44才と55才)を襲い、負傷させた。もう一件は、メッツォカンノーネ通りで、27才のリバプールファンが凶器を持ったナポリファンに襲われ、3名の逮捕者が出ている。

【2010年10月21日 イタリア在住:堂 剛 ブログ:blog.belgiappone.com
posted by 堂 剛 at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアスポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

イタリア麻薬売買で日本人男女2名逮捕、大量保持

ボローニャの特殊警察カラビニエーリがミラノから西50キロにある町・ノバーラ(Novara)のホテルから出てくる日本人の男女2名(YUKARI MIYOSHI 31才、MASAYA NAKAO 29才)を逮捕した。彼らは国際的な麻薬密売をしており、先週10日未明に薬物の過剰摂取で死亡したイタリア人少年エンリコ・ルモロ(Enrico Rumolo 19才)に譲渡したとして捜査逮捕された。逮捕時にも大量の錠剤麻薬、精神薬、エクスタシーなどを保持していた。その額は末端価格で50万ユーロ(約5700万円)にもあたる。
二人の所持品からは航空券や、売却取引が書かれたノート、パーティーのビラなども見つかっている。

【2010年10月16日 イタリア在住:堂 剛 ブログ:blog.belgiappone.com
タグ:イタリア
posted by 堂 剛 at 06:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア発信日本ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

イタリア、外国人がさらに増加、年間+8.8%

イタリア政府中央統計局(ISTAT)によると、2010年1月時点でイタリアに住居を持つ外国人(正規登録者)が400万人を超え(4,235,059人)全体の7パーセントとなった。去年の同時期は6.5%。この1年間での外国人は343,764人(+8.8%)の増加となったが、ここ2年で見ると増加は減少傾向にある。(2007年は49万4千人で+16.8%、2008年は45万9千人で+13.4%の増加)

未成年者の数が多く、約93万人(932.675人)で外国人移住者全体の22%となっている。彼らの半数以上の57万3千人はイタリアで生まれ、イタリアで生まれる新生児の13.6%が外国人にあたる。外国人移住者の半数が東ヨーロッパ出身者で、ルーマニアを中心としたユーロに加盟したばかりの国が4分の1を占める。残る4分の1はユーロ非加盟の東欧諸国出身者と多い。

外国人移住者のもっとも多いのは北イタリアで60%以上にあたり、中部イタリアが25.3%、南部が13.1%となっているが、2009年は北部より南部の方が外国人増加率が高かった。特にルーマニアとブルガリア国籍の南イタリア移住者数が中北部と比べて2倍の増加率となっている。

【2010年10月15日 イタリア在住:堂 剛 ブログ:blog.belgiappone.com
タグ:イタリア
posted by 堂 剛 at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア社会問題を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする