Love Italy News

2010年12月02日

イタリア:10人中8人はクリスマスの夕食はケチらない

10人のうち8人のイタリア人(正確には79%)がクリスマスの夕食会、飲み物などの出費を抑えることなく、去年と同じ程度の一家族あたり140ユーロの出費が見込まれている。62パーセントのイタリア人は去年と同じ金額をかけ、17%に至っては去年よりもテーブルを豪華にする予定だという。

【2010年12月2日 イタリア在住:堂 剛 ブログ:blog.belgiappone.com


タグ:イタリア
posted by 堂 剛 at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアびっくりニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

イタリア発:経済危機で若者がピンチ

ヨーロッパの財政危機で1番の被害を被っているのが若者たちである。15才から24才の年齢層の失業者が2007年から今日まで増加の一途をたどっている。イタリアはEU諸国の中でも特にその傾向が顕著に現れている。ヨーロッパ委員会のレポートによると、EU諸国で学生でなく、仕事のない若者の数が13%に達している。国によって率に大きな差があり、オランダやデンマークは4%だが、キプロスやブルガリアは20%にも達している。イタリアはその後に続く16%と高い数字である。

【2010年11月30日 イタリア在住:堂 剛 ブログ:blog.belgiappone.com
タグ:イタリア
posted by 堂 剛 at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア社会問題を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

イタリア:優秀な教師には給料アップ

価値のある教師には一月分のボーナスが渡され、優秀な学校には最高7万ユーロ(約800万円)の賞金が授与される。この2つの実験的なプロジェクトは本日(2010年11月18日)、ジェルミーニ教育大臣(Gelmini)によって発表された。
このボーナスは勤続年数だけにとらわれることなく、すべての職種が対象となるという。

【2010年11月27日 イタリア在住:堂 剛 ブログ:blog.belgiappone.com
タグ:イタリア
posted by 堂 剛 at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア新聞記事その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

イタリアで一番多い名前はフランチェスコとジュリア

イタリアには1000万人の子供がいるが、その子供たちの名前となるとたった7つに集約されている。以前流行った、変わった名前や外国風の名前は飽きられてきたようで、伝統的な名前が増えているようだ。男の子の名前で最も多く付けられたのは、フランチェスコ(Francesco)、アレッサンドロ(Alessandro)、マッテオ(Matteo)、アントニオ(Antonio)、ジュセッペ(Giuseppe)で、女の子にはジュリア(Giulia)、ソフィア(Sofia)が多い。

フランチェスコは特に中南部イタリアの両親に選ばれていて、一方アレッサンドロは中北部イタリアの州で多い。マッテオは特にヴァッレ・ダオスタ州とフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州に多く、アントニオとジュセッペはカンパニア州とシチリアに多かった。女の子の名前ではジュリアが9州で一番人気だった。

イタリアに住む外国人夫婦の子供に付けられる名前では、女の子ならアレッシア(Alessia)、ジュリア、ソフィアが多く、男の子ならマッテオとアレッサンドロである。外国の名前であれば、サーラ(Sara)、アジア風のアヤ(Aya)アラブのマラク(Malak 天使の意)、ヒバ(Hiba 贈り物の意)が女の子に付けられ、男の子にはアダム(Adam)、モハメド(Mohammed)、ライアン(Rayan)、オマール(Omar)、クリスチャン(Cristian)、ケビン(Kevin)、ヨセフ(Youssef)であった。

【2010年11月23日 イタリア在住:堂 剛 ブログ:blog.belgiappone.com
タグ:イタリア
posted by 堂 剛 at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア社会を統計で読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

法人税、イタリアがヨーロッパで一番高い

「Paying Taxes 2011」の報告によると、イタリアがヨーロッパ連合諸国のうちで最も法人税が高いことが明らかになった。イタリアでの国税、地方税、社会保障分担金を含む企業課税負担は68.6%で、フランス65.8%、スペイン56.5%、ドイツ48.2%、ルクセンブルク21.1%となっている。ヨーロッパの平均は44.2%で世界平均47.8%より若干低い。

【2010年11月19日 イタリア在住:堂 剛 ブログ:blog.belgiappone.com
タグ:イタリア
posted by 堂 剛 at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア社会を統計で読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする