Love Italy News

2008年05月29日

ピサの斜塔もう下へも上へも動きません!

塔は救われた、もう倒れることはない
ピサの塔が1700年時の傾きを取り戻した。下へも上へも動かないのはピサの斜塔の歴史の中で初めてのことだ。

ピサーあの寒く危険な状態だった1990年1月、構造上の危険から入館を閉鎖した年から18年が経った。今日、ピサの斜塔、今や生まれ変わった塔は最高の知らせを持ってお祝いされる。塔の傾きが完全に止まったのだ。実に1700年から実現しなかったことである。ボナンノ ピサーノが建設した鐘楼は日々傾き、サンタ・マリア通りや奇跡の広場から眺める塔は、変則的で不朽のモニュメントで、非常に手の込んだ、世界で唯一のロマネスク=ピサ様式の建築物である。

このニュースは、一般公開中止から18年後の今、改修プロジェクトにより、傾き防止策が施され、もう傾斜する危険は完全になくなったのだ。要するに最高4メートル47センチまで達した、1993年まで起こっていた傾斜の増加は心配無用で、今日まで技術者の援助により行われていた傾きを戻すということも今後は無用になったのだ。
ピサの斜塔の傾きは、3メートル99センチで止まった。
(Corriere della sera 2008年5月28日)


La Torre è salva, non si muove più
Il campanile torna alla pendenza del 1700. E per la prima volta nella sua storia non va né su né giù

PISA ― Da quel gennaio freddo e pericoloso del 1990, l’anno della chiusura per rischi strutturali, sono passati 18 anni. Oggi la Torre di Pisa, o meglio la rediviva torre, festeggia la maggiore età con un’ottima notizia: non si muove più, si è fermata. Non accadeva dal Settecento. Pende sempre, il campanile di Bonanno Pisano: a guardarlo da via Santa Maria o dai giardini di Piazza dei Miracoli è il solito monumento, anomalo e immortale, sopraffino esempio, unico al mondo, di architettura romanico-pisana.

La notizia è che adesso, dopo 18 anni di chiusure, interventi e progetti al limite della fantascienza, la pendenza e la contropendenza si sono fermate e i rischi non esistono più. Insomma, il campanile non va né giù, come aveva fatto sino al 1993 quando raggiunse il massimo strapiombo di 4 metri e 47 centimetri, né su, come era accaduto fino ad oggi dopo le cure di ingegneri, tecnici e scienziati guidati dal p r o f e s s o r Michele J a - miolkowski, professore emerito del Politecnico di Torino. Gli ultimi accertamenti dei sensori collocati sotto il prato di Piazza dei Miracoli e nascosti tra i marmi dei sette ordini del campanile parlano chiaro: lo strapiombo è fermo a quota 3 metri e 99 centimetri.
(Corriere della sera 28 maggio 2008)


posted by 堂 剛 at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアびっくりニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック