Love Italy News

2010年11月04日

イタリア人、ワインへの愛情が失われている

イタリア人は昔ほどワインを愛していない。Fedagriのレポートによると、イタリア国内のワインの消費量が20億リットルに満たないほどまで落ち込んでおり、一人あたり40リットルを割り込むのは初めてのことである。80年代末から今日までは実に30%もワインの消費量が減った。

一方、1999年から2008年の間に、ワインの輸出は24億ユーロから36億ユーロ(約4100億円)にまで50%も増加している。経済不況のあおりを受けた2009年は35億ユーロを下回ったが(2008年に比べ2.2%減少)、2010年の7ヶ月間は前年度の同時期より7.6%増加している。

驚くことに、南イタリアのワインの輸出量が大きく伸びており、イタリア全土の増加量8.1%に対して9.1%となっている。特にプーリア州(+22.1%)、カンパニア州(+25.1%)、バジリカータ州(+24.4%)が目立つ。この増加はプロモーションへの投資が甲を制した結果と思われ、プーリア州の場合、100万ユーロ(114億円)を販売促進に充てたが、その結果EU外諸国への輸出が44%も増加したのだ。

【2010年11月4日 イタリア在住:堂 剛 ブログ:blog.belgiappone.com


タグ:イタリア
posted by 堂 剛 at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食、料理に関するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック